フォト
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

タミチャレレース規定

2013年2月 2日 (土)

Race Regulation

   ☆ ZEST タミチャレレース規定 ★

タミチャレ2015年度レギュレーション

・レース進行は状況によっては進行が遅れる場合がありますので充電は余裕を持って行って下さい。練習走行時間内は何回走行してもOKです。この時にポンダーの感度チェックも行いますので、受付時に配布したポンダーを必ず装着して練習走行を行って下さい。

・タイム計測はARCポンダーを使用します。受付時にARCポンダーを配りますので、練習走行前に車両に装着下さい。装着にあたって不都合がある場合はスタッフまで連絡下さい。コントロールプラクティスがある場合は、使用したポンダーはプラクティス後に回収します。その後、予選の組み合わせが決まり次第予選用のポンダーを配ります。予選2回目終了後にポンダーは回収します。決勝グリッドが確定しましたら決勝用のポンダーを配布致します。

・コントロールプラクティスは予選の組み合わせを決める予備予選です。

・タミチャレGTに参加する選手の方は接着済みタミチャレタイヤ(推奨)をご使用下さい。※タミチャレGT参加者以外の方は関係ありません。

・組み合わせ表にお名前が漏れている場合はスタッフまでご連絡下さい。

・予選は3分間の周回レースになります。(F104はベストラップ)予選1回目の順位で予選2回目のグリッド順位が変わります。予選1回目のタイムの速い方が各ヒートの上位グリッドになります。

・予選はスタッガー方式になりますので、スタート後うしろから車が近づいて来たら、自分よりペースの速い車になりますのでラインを譲ってその車を先行させて下さい。スタッガーについてご不明な方は後でよろしいのでスタッフまでお問い合わせ下さい。

・決勝は5分間(場合によっては変更する場合があります)の周回レースになります。全クラス決勝を行いますが、各メイン10人前後の出走予定です。

・リフェバッテリーは走行前に電圧チェックを行います。電圧が7.3V以上のバッテリーはご使用になれません。

・全クラスタミグラ規定でお願いします。サーボの直づけや、他メーカーのパーツの使用等は行わないでください。

・各クラス上位選手の方は予選&決勝レース後に車検、各種ギアチェック、モーターチェックを行います。10.5T3730kv16T15.5T2600kvUGTチューンは20500rpm、ライトチューンは17800rpmGTチューンは19500rpm、フォーミュラーチューンは15500rpmの回転規制です。1kv1prm超えても失格となりますので余裕を持ったモーターを使用下さい。上位選手以外の方も抜き打ちチェックを行なう場合がありますので、回転測定の指示を受けた方はレース後車検員の指示に従って下さい。

・フライング、ショートカット及びバッドドライブの方はペナルティが課せられますので、オーガナイザーの指示に従ってペナルティを受けて下さい。ペナルティはピットエリアにてピットストップを58秒程度して頂きます。

・予選1回目の操縦台に上がる順番はポンダー番号の若い方から操縦台に上がって下さい。(予備予選の速い順)予選2回目は予選1回目の順位の速い方順で上がって頂きます。決勝はスターティンググリッド順に操縦台に上がって頂きます。操縦台が狭くなっていますので、前に乗り出しての操縦はご遠慮下さい。

12月開催のタミチャレクライマックスの代表選考は3名(小中学生のフューチャー枠1+シニア枠1+レディスを含む)になります。選考方法はZEST開催レースでの取得ポイントの上位3+フューチャー上位1+シニア上位1+レディス1名で決定します。

・ポイントですが、各クラスに参加で参加ポイント2ポイント、優勝4ポイント、2位3ポイント、32ポイント、各メイン優勝1ポイントになります。このポイント取得の総合ポイントで代表権を決定します。(例、参加ポイント2+優勝ポイント4の合計6ポイント、各メイン優勝の方は参加ポイント2 +メイン優勝ポイント1の合計3ポイント)

・レース中に接触した場合は、あててしまった方は「ごめんなさい」、あてられてしまった方も暴言等は発しないようにお願いします。

・タイヤウォーマー、グリップ剤の使用は禁止です。

・基本的に楽しくレースを行って頂きたいと思っていますので、レギュ違反等は行わないようにお願い致します。何かご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。

その他のカテゴリー